読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白きこともなき世を考えて

子育てと競争戦略とゲームと日々のあれこれを適当に。

遠方の両親と子どもの写真を共有するためのベストなサービスは

先週生まれた子どもが退院し、本日無事我が家に到着しました。

うちは両親とは一緒に住んでいないので、定期的に初孫の顔を見せてあげたいと思います。

そこで考えたのが、別居している家族との写真の共有方法。

撮った写真をいちいち添付ファイルでメール送信するのは送る方も見る方も面倒なので、やはりここは今風にクラウドで解決するべきでしょう。

最近はクラウド型の写真ファイル共有サービスも数多くありますが、結論から言うと私は親世代との共有にはGoogleの提供するPicasaが一番だと思いました。


そもそも、我々の親世代はいわゆるITリテラシーが低いので、我々世代が当然のように行える、メールの転送、パスワードを伴うログイン、などが全然出来ません。

なので、極力写真を見るだけなら手間のかからないサービスを選択する必要があります。

そんな私の考えにピッタリだったのがPicasaです。

Picasaで写真を見るためにはアルバムごとに発行される専用のURLを、見せたい人に送ってあげるだけでいいです。

IDやパスワードの入力などは必要なく、ただURLをクリックするだけ。

このシンプルさがたまりません。

URLさえわかってしまえば誰でも見られてしまうので、セキュリティ面で不用心に思えるかもしれませんが、URL自体はランダムに発行されるけっこうな長さなのでうっかりみたいなのはありません。

まあそもそも子どもの写真だけを上げるわけなので、他人に見られて困るものでもないんですが。

あとはアルバムに写真が更新されたら、特定のメールアドレスに更新通知を送る機能もあるので、見る側もいちいち更新を確認に行かなくていいので楽です。

Androidのスマホならデフォルトでカメラ機能からの共有サービスにPicasaが入っているのでアカウント登録を済ませておけばかなりスムーズにアップロード可能です。

※でもなぜか私も妻もスマホデフォルトのPicasaからはアップロードに失敗しちゃうんですよね。しかたなく非公式のPicasaツールという別アプリを入れる羽目に。


ちょっと物足りないのは、親世代に多いガラケーからは直接見られないことですね。

アルバムのURLはhttpsなので、ガラケーからは証明書がなんたら言われて見られないみたい。

あと要望を言うとするなら、一つのURLであるアルバムの中にさらに幾つかフォルダ分け出来るといいですね。

出産、お宮参り、保育園入園などとイベントごとに写真を分けて整理したいのですが、それでアルバムを分けてしまうとURLも変わってしまいます。

この辺りは改善希望。私が気づいてないだけでできるのかな?


ということで、家族と子どもの写真を共有するなら定番のPicasaがいいんでないの?という結論。

同じく新米パパの方は試してみては?

というか、そんなに深く調べたわけではないので、もっといいサービスがあれば教えて下さい。


ぼくらのかぞく

ぼくらのかぞく