読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白きこともなき世を考えて

子育てと競争戦略とゲームと日々のあれこれを適当に。

ドラクエ7の並び順による敵からの狙われやすさを検証してみた

3DS版のドラクエ7は過去作と違い、味方キャラの後ろ姿が横一列に表示されます。

となると、気になるのは並び順による、敵からの攻撃ターゲットの優先度について。

過去作では当然のように、並び順で前にした方が狙われやすく、後ろにした方が狙われにくいという傾向がありました。

なので、前列には戦士などHPと守備力の高いキャラを、後列には魔法使いなど守備力の低いキャラを配置するのが定石でした。

さて、パッと見、単なる横一列に見える今回のドラクエ7で従来通り、この並び順は有効なのでしょうか?

簡単に検証してみました。


やり方は本当に簡単。

何回か戦闘を繰り返し、全体攻撃を除く、敵の行動(攻撃だけでなく、呪文、特技行動なども含む)によるターゲットになる回数、確率を調べました。

その結果がこちら↓

主人公 29回  50%
マリベル 17回  29%
キーファ 9回  16%
ガボ    3回  5%
総計   58回

本当は試行回数を100回くらいまで増やしたかったのですが、途中でキーファが一身上の都合によりパーティを離脱してしまったので、その時点で計測終了としました。なのでちょっとサンプルが少ないですね。

また、単純に被弾回数だけをカウントしているので、敵の種類によるAIの違いや他の要素があった場合にはまったく参考にならないことをお断りしておきます。


とはいえ、結論としては、パッと見横一列に見える戦闘時の配列ですが、明らかに前列に配置したキャラに攻撃が集中した、といってよさそうです。

前列のキャラは敵から見て向かって右側にあたるので、右利きのモンスターが多いんですかね?

それにしても、調べてびっくりの偏りっぷり。

攻撃の半分は最前列のキャラが受け、二番目のキャラまでで全体の8割を受けることになります。

さらに、最後列のキャラの被弾確率は実に5%という低さ。全体攻撃以外ではほぼ狙われないと言っても過言ではないでしょう。

並び順を考えるときに、HPや守備力などの固さを意識するのは当然ですが、この確率を頭に入れておくことで、戦闘中の回復の優先順位決定に役立てることもできそうです。

ということで今日はこの辺で。



そうそう!全然別件ですが、敵パーティが前列・後列に分かれてるのは何の意味があるんでしょうね?

普通にプレイしてるだけだと全然効果を実感できないので、検証済みの方がいたら教えてください。(調べる気なし)