読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白きこともなき世を考えて

子育てと競争戦略とゲームと日々のあれこれを適当に。

読後感想:ブライト・ノア 虹にのれなかった男

さて、カイ・シデンさんの漫画に続き、今度はブライト・ノア艦長の漫画を読んでみました。



原作は福井晴敏さんとのことで、ガンダムユニコーンを意識した時代設定となっております。

自分ユニコーンはまだ見てないんでよくわからんのですけど。

一年戦争からシャアの反乱まで、ニュータイプを間近で見続けてきたブライトさんの記憶を振り返るお話です。

テーマは「大人」でしょうか?

かつては十代でホワイトベースの艦長を務めた男も、既に30オーバー。

年齢的にも軍での立ち位置も大人としての振る舞いを求められてきているブライトが、感性のままに生きた若いニュータイプたちを見て何を感じたのか。

ていうか、そのころのブライトさんて33かよ。俺と同い年かよ。ということに驚きを感じつつも、中間管理職としての哀愁を前面に押し出して回想にふけるのがかっこよかった。

シャアの反乱のラストでアクシズを包んだ謎の光の正体についても、作者なりの解釈が描かれており、ふむふむとなりました。


一巻しかないのでサクッと読める。ということで、感想文もサクッと。

次はギレンさんの漫画を読もうと、既にKindleで購入済みです。

読んだらまたレポートします。