読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白きこともなき世を考えて

子育てと競争戦略とゲームと日々のあれこれを適当に。

こういうときの都知事選は後継者指名でよくない?

こういうときっていうのは、今回の猪瀬都知事のように、スキャンダルで辞任した場合のことです。

今回は単なる政治と金の問題なので、都民が知事にノーを突きつけたわけじゃないんですよね。

だから脱原発とかわけわからないこという輩が出てくるし、飛沫候補ばかりのつまらん選挙になる。

別に猪瀬知事の政治自体が否定されたわけじゃないんだから、こういう場合の次の都知事は前知事の指名とかでいいんじゃないかな?

わざわざ無駄に争点を探して金のかかる選挙なんてすることない。

知事に後継者の指名権を与えれば、知事の周りは協力的な人が増えて、ある意味選挙で都民が選択した方向性が実行しやすくなるだろうし。

行きすぎると独裁、イエスマンだらけになるので注意は必要だけど。まあそこは任期ごとの選挙で担保可能だし。

任期の途中で民意と関係なく職を降りたのにまた選挙だってなるのは前回の民意を軽視しすぎな気がするんだよな。

選挙で負けてもライバルをつまらんスキャンダルで潰していけば、いつかは天下を取れるっていうね。

だから多くの野党がちゃんと議会で議論しないで、つまらん粗探しみたいなのに注力するんじゃないかなー?


どうだろう?暴論だろうか?