読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白きこともなき世を考えて

子育てと競争戦略とゲームと日々のあれこれを適当に。

モンハン4をチャージアックスで始めてみた

ゲーム

モンハン4を購入しました。今年はゲームの秋ですね。

モンスターハンター4

モンスターハンター4

モンスターハンターシリーズは、出世作である2ndGから欠かさずやっています。

基本的には飽きっぽい性格なので、ほぼ全ての武器を使いながら遊ぶオールラウンダーです。

しかも、シャイなのであまり周りの人間とは遊ばずにソロで大概のクエストはクリアしてきました。

とはいえ、最初は資金的な問題もあり、特定の武器に特化したほうがよいです。

今回は何にしようかな?と一瞬考えた結果、このモンハン4からの新武器であるチャージアックスで進めることにしました。

珍しくミーハーな武器を選択。

とりあえずチャージアックスメインで村クエのレベル2まではひと通り遊んでみたので、今日はそのチャージアックスの操作感についてレポート。


チャージアックスの基本

チャージアックスは斧形態と剣形態を変形により使い分けることが出来る武器です。

3から登場したスラッシュアックスに近い武器、というか亜種ですかね。

攻撃は斬属性のみ。たぶん。見た目的には。

武器によって、強撃ビンと榴ビン?かなんかが装填されていてちょっと効果が違うようです。

と言いつつ、まだ使えるチャージアックスが一本だけなのでよくわかりません。

スラッシュアックスとの共通点としては変形機構、必殺の属性解放といったところです。

反対に、異なるところは剣モードで盾ガードができることと、移動速度の速い、遅いがスラッシュアックスとは逆になっているところです。

とはいえ、ランスとガンランスよりは、チャージアックスとスラッシュアックスは似通っている気がするので、基本的な戦い方は同じような気がします。

最初は剣モードで相手の攻撃をかわしながら手数を増やし、相手の隙には斧モードからの属性解放斬りで大ダメージを与えるっていう感じです。

操作が多いので多少テクニカルな面はありますが、ほぼ全ての動作がつながっていくので、かなり気持ちよく動かすことができます。

大型モンスター相手にも使ってみましたが、今のところそんなに火力不足も感じないので長く使っていけるのではないでしょうか。


剣モードの特徴

チャージアックスの基本である剣モードの特徴です。

剣モードはちょっと重いだけの片手剣と思えばいいでしょう。

片手剣よりもややリーチが長く、反面、技の派生が少なく、移動スピードがやや落ちる感じです。

移動スピードはだいたいハンマーと同じくらいでしょうか。まあ軽快です。

あとは盾ガードもあるのでなかなかに捌きやすいです。

試したわけではないですが、片手剣よりも大きい盾なのでガード性能も高いと信じたい。

チャージアックスは剣モードで敵を切っていると、ビンの色が、白→黄→赤と変わっていきます。

切ることによって剣にエネルギーが溜まっていき、黄以上のときにチャージするとビンにエネルギーを溜めることができます。

ビンにエネルギーがチャージされている状態では斧モードで属性解放斬りが使えるようになるので、まずは剣モードでチャージしてから斧モードへ移行するとよいでしょう。


斧モードの特徴

斧モードは剣モードと比べてガードもできず、動きも鈍重です。

移動速度は大剣クラスの遅さです。

また、剣モードに比べると一撃一撃のモーションも大きく、出も遅いのでやや使いづらい印象。

その分、ヒットストップの長さなどから推測するに、ダメージは大きそうなので、モンスターの隙に狙って当てていく必要があります。

剣モードでエネルギーが溜まっていれば、Aボタンの攻撃にビンの属性が付与されます。

敵に当たると爆発のエフェクトが発生し、どうやらこれを大型モンスターの頭に当てるとスタンも取れるよう。

ということは疲労も溜まっているのかな?よくわからない。

大きく斧を振り回すAボタンの斬り攻撃から、さらにAボタンをちょっと連打すると、まだエネルギーが余っている場合には属性解放斬りに派生することができます。

モーションの遅さから、スラッシュアックスの属性解放突きよりは、ガンランスの竜撃砲に近いものを感じます。

うまいこと相手の怯みやダウンに合わせて当てていきたいですね。

という感じで、ビンにためたエネルギーがなくなったら、また剣モードへ移行してエネルギーをチャージしていきましょう。

こんな感じで剣モードと斧モードをタイミングよく行き来するのが、チャージアックスのうまい使い方なんですかね。たぶん。



まだ数時間しか使ってないですが、チャージアックス超楽しいですよ。オススメ。

これからメイン武器を決めようという方はぜひ選択肢の一つに加えてみてはいかがでしょうか。



今回は新武器のチャージアックスにスポットを当ててみましたが、今作はナンバリングタイトルの名に恥じない新要素が満載です。

今回はフィールドでの動きに縦の動きが加わって、モンスターに乗ったりできるようで色々と楽しいことだらけです。

こうしてシリーズで遊んでいると、細かい点まで含めて本当に色々と変わっている部分があって、そのへんでまたブログが一本書けそうなんですが、まだまとまりきっていないので今日はこの辺で。


そうそう。

違いの一つとして今回は、携帯機初のインターネット協力プレイに対応しているようです。

リアルな友達だけでなく、このブログを通して知り合った方とプレイすることもできるんでしょうか?

モンハン4やっているという方はぜひぜひご連絡ください。