読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白きこともなき世を考えて

子育てと競争戦略とゲームと日々のあれこれを適当に。

赤ちゃんの肌荒れを改善するのに「アトピタ」が有効すぎた件

うちの娘も今日で生後100日になります。めでたい。

最近の悩みというと娘の肌荒れでした。

赤ちゃんの肌というとつるんとしたきれいなものを想像していたのですが、うちの子はもうガッサガサ。

今年65になる枯れ木のような私の父にも「俺の方がきれい」とか言わせてしまうくらいガッサガサでした。

この時期は暑いからあせもとかできるし、しょうがないのかなーと思っていたのですが、どうもそうではないことが発覚。

ベビー石鹸(シャンプー)の重要性に気付いたので、今日はその辺の話を書きます。


【スポンサードリンク】



アトピタ使用前の肌荒れの状態

うちの子の肌荒れの症状は以下の通りです。

・全体的にすごく小さなぶつぶつができている
・手足が全体的にガサガサ乾燥している
・ひじやひざの内側など汗をかきやすい部分が赤くなって皮がむける

当初はあせもだろうと勝手に思っていました。

一応総合病院の小児科でも相談したのですが、保湿クリームでも塗っておいて、ということであまり治療されず。

が、あまりにひどいので別途、皮膚科を診察してみるとアトピーではないかとの診断。

ということで、アトピー用の塗り薬をもらってきました。

さらに、ちょうどそれまで使っていたベビーシャンプーが切れそうになったので、新たなものを買おうと思ったのですが、せっかくなので肌荒れに効果がありそうな奴を選ぶことに。

そんなこんなで選んだのが「アトピタ」というシャンプー。

これがうちの子には効果てきめんだったので、その使用前後の感覚をレポート。


ジョンソンとアトピタと

そもそも、今まで利用していたのがこちら。

ジョンソンのベビーシャンプーです。

もともと生まれる前に買っていたものですが、その際の選択基準としては泡タイプの方が楽、という一点のみで選びました。

肌の弱い子などは合わないかなー、という不安はあったのですがあまり深く考えていませんでした。反省。


で、この機会に買い替えたのがこちら。

アトピタ 全身ベビーソープ 泡タイプ/ポンプ式

アトピタ 全身ベビーソープ 泡タイプ/ポンプ式

天下のアトピタです。

肌荒れに有効なものとしては無添加のミヨシ、なんかあと一個が各所のレビューなどで押されていました。

が、今のうちの子の状況だと、無添加というよりもアトピーを積極的に治してくれる方がいいかな?ということでアトピタを選択。

ちょっと高いけど、子どもの健康にお金は惜しめません。


アトピタ、その効果

で、二つのベビーシャンプーを使い分けてみた使用感について。

ジョンソンのベビーシャンプーはまず泡が緩すぎる。

洗顔料を泡立てるときに水を混ぜすぎた感じ、と言えば伝わるだろうか?

もっちり感とは程遠く、赤ちゃんの体の上をサラサラと撫でる感じになる。

使ったあとの感じとしては、うちの子が特別乾燥肌だったのかもしれないが、風呂あがりすぐに肌がかさかさしてくる。

保湿のためにベビーローションとかを使ってたんだけど、それもすぐに乾いちゃう感じ。


これをアトピタに変えてみると全てが改善。

まず、泡がかなりもっちりしている。

なので、洗う時も体を直接触るのではなく、泡を体の上で転がすような洗い方が可能。

また、洗い流して風呂から出たあともすぐにもっちり。

若干突っ張ってるような感じはあるものの、肌がピタッとしていて少なくともガサガサはしていない感じ。

変えてすぐ実感が湧くのが素晴らしいと思いました。というかもっと早く変えてあげればよかった。



赤ちゃんの肌なんて人それぞれだし、合う合わないとかもあると思いますが、うちの子はアトピタがしっくりきた気がします。

まだ、シャンプーを変更して3日しか経ってないですが、全体的にガサガサブツブツが改善し、ちょっとヨダレで荒れ気味だった顔の肌のブツブツが全てなくなりツルンとしました。

これじゃあ余計に娘を溺愛してしまいますなあ。

というわけで、ベビーシャンプーはケチらずいいものを使いましょうという話。

お子さんの肌荒れで悩んでいる方は一度ご検討ください。


アトピタ 全身ベビーソープ 泡タイプ/ポンプ式

アトピタ 全身ベビーソープ 泡タイプ/ポンプ式