読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白きこともなき世を考えて

子育てと競争戦略とゲームと日々のあれこれを適当に。

この事件を悪質にしたのは誰か

ブームなので自分も一枚かんでおく。

 

さて、話題の遠隔操作事件ですが、真犯人と思しき人が捕まったというのはとりあえず一段落というか展開が進みそうな感じなのでいいことだと思います。

 

そんななか、テレ朝の朝の番組モーニングバードを見ていたら、レポーターの表現で気になるものがありました。

 

 

「極めて悪質な事件だったので・・・」

 

 

そうでしたっけ?

そんなに悪質でしたっけ?

 

もちろん、真犯人と言われる人が脅迫なり威力業務妨害なりをしたことは罪として問われるべきだと思います。これは当然。

 

でもこれだけだと、極めて悪質とまでは言えないと思います。よくある話だし。

 

この事件が悪質と評される理由は、遠隔操作により、自分の罪を他人になすりつけようとしたことにあると考えられます。

 

脅迫だけならいざ知らず、その罪を他人になすりつけようたぁ、ふてー輩だとなるわけでしょう。

 

さて、ここで疑問となるのが「罪のない他人に罪をなすりつけようとしたのは誰なのか」ということ。

 

多くは報道されている通り、きっかけを作ったのはもちろん問題の真犯人なわけですが、彼の行動だけでは誤認逮捕に至ることはなかったのではないでしょうか。

 

他人のPCを遠隔操作して、自分の痕跡を消したところで、せいぜい真犯人がわからず、事件が未解決に終わるだけです。

 

ここにプラスして、容疑を否認し、証拠もない状態の善良な市民に自白強要させるという警察側の合わせ技があって、はじめて一本となるわけです。

 

だからと言って、真犯人の罪はもちろん罪で消えるわけではないのですが、悪質だったのは誰か?という点においては、まだまだ議論の余地がありそうです。